FC2ブログ

記事一覧

創成「日本」

創成「日本」は中川昭一会長の遺志を継ぎ、安倍会長が継続されているようである。
その理念は、安倍会長を経て、青山代表幹事の「日本の尊厳と国益を護る会」に継承されていると私は思う。
中川氏と共に創生「日本」を発足した平沼赳夫氏は複数の新党経て、2015年自民党志帥会に復党している。
志帥会は中川氏も所属していた誇り高い派閥であるはずだが、現在は親中派の代名詞となっているのが残念だ。
平沼赳夫氏には「日本の国益と尊厳を護る」べく、親中派を諫めて頂きたい。

特に国防上、日本は台湾を国として認めて、アメリカとオーストラリアとインドとタッグを組んで、中国から台湾を護る必要があると思います。早急に、スパイ防止法を成立し、憲法改正・防衛力強化をしないと、日本は危ないと思います。

平沼氏

(Wikipedia)によると、
創生「日本」は、2007年(平成19年)7月の第21回参議院議員通常選挙で自民党が大敗。同年9月に安倍改造内閣が退陣し、福田内閣が発足した。これを受け、自民党の中川昭一、島村宜伸や当時無所属だった平沼赳夫をはじめとした自民党及び無所属の議員によって設立された。同年12月4日に設立総会が開かれ、自民党29人と無所属の平沼が出席。その他、代理出席が29人いた。

【活動目的】
伝統・文化を守る。
疲弊した戦後システムを見直す。
国益を守り、国際社会で尊敬される国にする。

【中川昭一会長時代】
2007年(平成19年)
12月4日 衆参両院の59議員を賛同者として発足。
12月7日 櫻井よしこを講師に招き、初の勉強会を開催。
12月17日 名称が「真・保守政策研究会」に決定。
12月19日 藤原正彦を講師に招き、2回目の勉強会を国会内で開催[6]。谷垣派を除く党内8派閥、及び無所属から衆参合計77人の国会議員が参加。
2008年(平成20年)
2月15日 人権擁護法案反対の観点から勉強会を開催。講師として招かれた百地章は、同法案を「憲法違反」と断じ、危険性を訴えた。また、首相辞任後の表立った活動を控えていた安倍が、初めて出席。
3月19日 国会内で、東シナ海のガス田に関する勉強会を開催。講師として平松茂雄が招かれた[要出典]。
9月 2008年自由民主党総裁選挙では、全員が麻生支持で固まったわけでないが(例えば、メンバーである石破茂が独自に出馬した)、麻生当選の原動力となり、麻生内閣が発足(同月24日)。
12月20日 韓国企業による土地の買収が進んでいるとされた対馬を視察。平沼赳夫を始めとする11人の国会議員。
2009年(平成21年)
8月30日 第45回衆議院議員総選挙で民主党が第一党になり、自民党が結党以来初めて第二党に転落。中川も落選。所属議員の半数近くが落選し、2009年9月の時点での参加国会議員は、衆参合わせて45名となる。
10月3日 中川が急死。
10月27日 安倍を会長に内定(安倍を会長にする人事は、中川が落選直後に希望していたといい、中川の遺志を継ぐことを重視したものである)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tony

Author:tony
はじめまして。

断捨離をしていて
放置していたブログを
思い出し、再開しました。

趣味は映画鑑賞です。
気まぐれに興味のあることを
ブログしています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

amazonさん