FC2ブログ

記事一覧

悪法!!「連帯保証人制度」は撤廃すべき

2017年5月に成立した「民法の一部を改正する法律」が2020年4月1日から施行(適用)された。複雑化した現代社会に対応し、消費者保護を重視した規定も明文化したそうだ。民法が1896(明治29)年の制定以来、約120年ぶりに大改正されたらしい。あの名高い悪法、「連帯保証人」はどうなったのか?ほとんど変わっていないではないか!連帯保証人は、「保証人」には当たり前にある保証債務の補充性(催告の抗弁権と検索の抗弁権)...

続きを読む

東シナ海の漁解禁、中国漁船が一斉に出港 一部は尖閣沖へ

【中国福建省石獅(せきし)=西見由章】中国政府が尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖の東シナ海に設定していた休漁期間が日本時間16日午後1時に明けた。中国福建省最大の漁港、祥芝(しょうし)港では同日朝、停泊していた漁船約550隻が出漁を祝う爆竹を鳴らしながら一斉に港を出た。漁船の多くは台湾海峡付近で操業する見通しだが、一部は尖閣沖に向かうとの証言もある。 地元の漁業関係者らによると、当局は「敏感な海域」とし...

続きを読む

検察当局は周、黎両氏らの捜査を継続し、起訴を目指す方針

8月12日毎日新聞によると、香港の民主活動家、周庭(英語名アグネス・チョウ)氏(23)や民主派の香港紙「蘋果(りんご)日報」創業者、黎智英氏(71)ら香港国家安全維持法(国安法)違反容疑で10日に逮捕された計10人が11~12日、保釈された。検察当局は周、黎両氏らの捜査を継続し、起訴を目指す方針。国安法の最高刑は無期懲役で、起訴されれば実刑判決が出る可能性もある。10日、周庭さん逮捕の報道を受け、Twitterには抗議の...

続きを読む

香港民主活動家が心配だ

中国公安は毛沢東の「人民民主専制」を引用し「祖国の裏切り者はクソよりひどい扱いを受ける」と言い放った[ロンドン発]香港の民主化運動を抑え込むため6月30日に施行された香港国家安全維持法(国安法)違反容疑で海外の民主活動家6人が香港警察から指名手配されました。国家分裂を扇動したり外国勢力と結託して国家の安全に危害を加えたりした容疑で、最高刑は無期懲役。世界と団結して横暴な中国共産党を制裁すべき。チャイナ...

続きを読む

香港民主派の周庭氏に有罪

【香港共同】昨年6月に香港政府の「逃亡犯条例」改正案に反対し、警察本部包囲デモに参加したとして、無許可集会参加などの罪に問われた民主活動家、周庭氏の公判が5日、香港・九竜地区の裁判所で開かれ、有罪判決が言い渡された。量刑は12月1日以降に宣告される。周氏は2014年の香港大規模民主化デモ「雨傘運動」を主導した学生団体元幹部。 周氏は裁判終了後、記者会見し「(量刑で)収監されることになるのかどうかは分からな...

続きを読む

日本は自分で守るだけの能力を持つべき

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(7月31日放送)に外交評論家・キヤノングローバル戦略研究所研究主幹の宮家邦彦が出演。東シナ海情勢をめぐって調整されている日中外務省の局長による電話協議について解説した。確かに安保条約の第5条は適用されます。それはアメリカも明言しています。日米同盟がある限り、必ず助けには来る。問題は、日本が最初にアメリカに中国と戦って欲しいと思っていたら、その時点で終わりだという...

続きを読む

「普通の人」がなぜ過激化するのか<歪んだ正義>

「普通の人」がなぜ過激化するのか<歪んだ正義>毎日新聞の記者は歪んでいないとでも言いたいのだろうか?こういう記事を書く人は、個人情報や思想の自由の侵害だと言って「スパイ防止法」に反対するだろう。テロリストに成り易いのは一般日本人ではなく、例えば国防総動員法によって破壊活動を命じられた工作員だろう。工作員を見極めるためには、あらゆる諜報活動が必要になる。...

続きを読む

今こそ尖閣諸島の実効支配を

「今こそ尖閣諸島の実効支配を」Japan-in-depthの記事が分かり易い。とても納得する記事だった。是非 政府の人に検討して貰いたい。いまの尖閣諸島は完全に無人島なのだ。日本政府は尖閣を日本固有の領土と宣言しながら、日本国民の立ち入りも上陸も、滞在も居住もすべて禁止している。中国の反発を恐れてのことだろう。 この状態はそもそも自民党の公約の違反である。自民党は2012年の総合政策集では「領土主権」へ...

続きを読む

比、ワクチンで領有権棚上げ?

【マニラ共同】フィリピンのドゥテルテ大統領が、中国から新型コロナウイルスのワクチンを提供してもらう代わりに、南シナ海領有権問題を棚上げしかねない消極的な発言をして波紋を呼んでいる。中国の海洋進出を勢いづける恐れもあり、識者から「敗北主義者」との批判も飛び出した。「(領有権を争う海域近くの)パラワン島沿岸に海兵隊を派遣した途端、ミサイルが直撃するだろう。わが国には中国と戦争する余裕はない」 ドゥテル...

続きを読む

プロフィール

tony

Author:tony
はじめまして。

断捨離をしていて
放置していたブログを
思い出し、再開しました。

趣味は映画鑑賞です。
気まぐれに興味のあることを
ブログしています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

amazonさん